高崎の職人が建てる本物の注文住宅

subpage01

高崎の注文住宅は、本物と偽物が明確に区別されているわけではありません。
しかし、いつまでも長く使い続けられる家と、瑕疵保保障期間の10年を過ぎた頃から補修が必要になる家では、本物と偽物ほどの違いがあると考えられます。


高崎で注文住宅を建てる場合は、本物を建ててくれるところに依頼したいものです。


いつまでも長く使い続けることのできる家と、10年ほどで補修が必要になる家は、依頼する時点で予測が付きます。

高崎で本物の注文住宅を建ててくれるのが、地元の工務店です。地元の工務店は木造軸組み工法という確かな工法を使い、自然素材を用いた丁寧な家づくりをしてくれます。10年程で保守が必要な家をつくるのは、地元に密着していない、ハウスメーカーです。地元に密着していないので、現場で実際に建物をつくるのは、寄せ集められた若者たちです。



システム化して組み立てるだけの家もあり、経験の無い若者でもつくることができます。
しかし、熟練した職人がつくるものとは明らかに異なり、長年の間に差がでます。
家が長持ちするかどうかは材料によっても異なります。

高崎で工務店が用いる材料は、自然素材です。



化学物質でできた建材はなるべく使用せず、漆喰や珪藻土、無垢材などの自然素材が多く使われます。


最も違いが出るのが屋根の材料です。



地元の工務店は屋根に瓦を載せることが多く、ハウスメーカーは滅多に瓦を使用しません。

時間を経るごとに品質の差は歴然とし、本物と偽物の違いほどの差が現れます。